2017/10

<< October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • pookmark


第32回 恋愛

人間を形成するにあたっての重要なファクター


恋。


これによって一喜一憂するわけで。


天国に行くこともあれば、地獄に行くこともある、なんとも不確定要素満載なものなわけだが、人間は恋がないと生きていけない生き物だと思うわけで。


なんて、ことほざいてます。


どうも、ご無沙汰してます。


高田でございます(_ _)


『れ』なんて文字なんかね、レンコンか冷静と情熱の間なんてワードしか出てこないもんだと思ったんですが、これまた恋愛なんて素敵ワードがいらっしゃるじゃないかと。


うちのバンドなんてこれ抜きじゃ音楽そのものが存在しえないものね。


恋愛被害者だなんてよく言ったもので(笑)


まぁ加害者になったこともありますが(;^_^A


とまぁ恋愛という目に見えない生き物に一生翻弄されて生きて行くのですよ、僕らは。


人生これでよく変わるなんてよくある話で。


つうわけで、重大発表とかもあるかもね!!!


あっ、脱退とかはありませんので悪しからず(`∀´)

高田


第27回 苦戦 休戦 奮闘

どうもどうも。

だいぶご無沙汰でした^^;

携帯からいつも書いてたんですが、急に勝手が変わってて更新が滞っておりました・・・。

前の日記からだいぶ日が経っており、得たものも失ったものもありますが、告知です。

来年、2010年1月10日(日)、つくばパークダイナーにてライブでございます^^

詳細等々は追って連絡いたしますので、皆様予定を空けてお待ちください。笑

今年も大詰め。

僕のフリーター生活も大詰め。

全力疾走で頑張ります。

高田


第22回 豚丼と私

豚丼。


狂牛病問題が発生したときの各牛丼チェーン店がとった苦肉の策。


しかしながら、僕は豚丼の方が好きでした。


でした、というのも、最近メニューから消えてしまったんですよね(泣)


まぁよく行くのがすき家でしたので、ホントにショックでした。


他のチェーンにはまだあるんですがね。


でも、よく思い返してみると、豚丼は松屋の方がよく食ってるかも(笑)


結局、すき家関係ないし(笑)


まぁ言わせていただければ、鳥肉が一番好きなんですよ、わたくし(笑)


相も変わらず、どうでもいい話。


長々と駄文、ご静読ありがとうございました。


今更ながら、ブタゴリラとかでもよかったな、なーんて思っちゃった、あたし。

         高田


第17回 テレキャスター

ギターの中でも、ひときわ好きなデザイン。


あとはリッケンバッカーとかも渋くてかっこいいですよね。


とまぁそんな太鼓叩きの高田です(笑)


ギターは弾けませんが、持ってはいるんですよね(苦笑)


練習しようと思うと、どうにもやる気が出ず、結局ドラムを叩いてしまう。


そんな感じで見て愛でるだけになってしまってます。


なんていうか機材オタクなのかもしれません(笑)


でもやっぱり多少は弾けた方がかっくいいので、暇を見つけては弾けないギターを掻き鳴らしたい、今日この頃。

高田


第12回 類は友を呼ぶ

また‘る’スタートじゃねぇかと、書き出して気付く始末。

まぁいいですけどね(笑)

るんるんしてます。

るんるんの理由とは、なにか。


それは台風。


普段は御免被ること間違いないのですが、今日は仕事も休みで予定も特になし。


まさに、台風によって学校が休みになった小中学生の心境なのである(笑) 


昔は二階の窓からビニール袋にビニール紐を括り付けて、凧だぁ〜♪なんてやってたりしたっけ。


過去を振り返るのがあんまり好きではない僕ですが、ちょっとした楽しい思い出にならたまには浸ってもいいかなぁと思う今日この頃。

高田


第6回 るろうに

といえば、剣心。


高校時代、剣道部にてハッスルしてた僕にとっては、影響受けまくりなわけで。


ただ人間離れし過ぎてるので、真似なんか到底できないわけで。


そんなえせ侍は、竹刀をスティックに持ちかえて、太鼓を叩く日々。


軽い機材オタクなので、部屋が機械だらけ。


うん、奇怪。


でも、まだまだ欲しいと思うのは、音楽への飽くなき探求心か、それとも、ただの飽き性か。


それは未来の僕のみぞ知ることでしょう。


高田



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--